加齢臭とダイエットの関係

加齢臭とダイエットの関係

加齢臭とダイエットの関係

 

加齢臭は男性に限った問題ではありません。女性にも加齢臭に悩む人は少なくないのです。
40代になると加齢臭を意識する人が増えていきます。これは、メタボリックシンドロームについても同じような傾向がみられます。

 

今ではすっかり定着した、メタボリックシンドローム(メタボ)ですが、訳せば内臓脂肪症候群となります。1998年にWHO(世界保健機構)が診断基準を定めました。(日本では2005年)
それによると、メタボリックシンドロームとは「内臓脂肪型肥満」で、高血糖、高血圧、高脂血症のうちいずれか2つ以上の危険因子をあわせもった状態をいいます。会社の健康診断などでメタボリックシンドローム、予備軍と診断されることも多いようです。毎年、健康診断が近づくと気が気でないという人も少なくありません。
そして、メタボリックシンドロームにならないためとダイエットをはじめようとする人が少なからずいるのです。でも、やり方を間違えるとダイエットが加齢臭や体臭の原因になるのです。
ダイエットには実にたくさんの方法があります。中には、運動はせずに食事を制限してダイエットするという方法があります。
これでは代謝が悪くなって不快な体臭が気になるようになってしまいます。
人間の体の中で中性脂肪は燃焼されて脂肪酸に変化します。この脂肪酸には独特の「におい」があります。無理なダイエットを続けると疲れやすくなり、乳酸がたまります、そのため汗をかいたときにアンモニア臭が強くなるのです。さらに、無理なダイエットによってストレスがかかり、体内の活性酸素が増えて加齢臭が強くなります。
また、行き過ぎた食事制限を続けると口臭や体臭がきつくなることがあります。これは、ダイエット臭とも呼ばれますが、必要なエネルギーが不足することでケトン臭が強まるからです。

 

たとえ、きっかけがメタボ対策だとしても、ダイエットは健康のために行われるものです。
ダイエットを続けて健康がそこなわれるのでは意味がありません。ダイエットに限らず健康に暮らすうえで、必要な栄養を考えた食事とほどよい運動が大切です。
「ダイエットをして加齢臭が強くなった」ということにならないように気を付けましょう。
加齢臭にhあこちらのサイトが便利です⇒加齢臭シャンプー ランキング

 

ヒアルロン酸注射で亀頭肥大!?

ヒアルロン酸注射で亀頭肥大!?

 

ヒアルロン酸注射で亀頭を肥大させる!?一体どうしてそんなことを?!そんなことをしてなんの意味があるの!?という人がたくさんいるかと思います。実際僕もつい先日までそう思っておりました。だけれど、ペニスにつきまとっているたくさんの悩みを見て、亀頭を増大させることに決めたのです。以前どこかのサイトに「亀頭を大きくすることは、ペニスの悩みを解決し自信を増やすことにつながる」という言葉がかかれておりました。そしてその時、思ったんです。「僕も亀頭を大きくすれば、これらの悩みは改善されるんじゃないのか」と。亀頭を大きくするにはどうやらヒアルロン酸注射が一般的とされているようなのですが、ペニスに注射を打つのは本当に怖かったです。僕は、包茎な上に早漏なのですが、少しの他意味に耐えるだけでそれらが治るのなら・・・!と思って頑張って注射を打ってもらうことにしました。実際に亀頭を肥大させてみてわかったことは、本当にセックスが楽しくなるということでした。ずるむけなので自分でむく必要もなくなりました。なんで仮性包茎からズル剥けになったかって?肥大した亀頭に皮が引っかかって戻らなくなったんですね。ズル剥けになってから、ほんとうに自分に自信が持てるようになりました。それに、ヒアルロン酸を打ち込むことで亀頭に対する刺激にも強くなることが出来て、早漏の対策にもなったんですね。本当に嬉しかったです。今では女性を毎晩のように喜ばせております。

 

強力な効果のポリフェノール

強力な効果のポリフェノール

 

体に良いといわれるポリフェノール。最近、この言葉を聞いたり見かけたりすることが多いと思います。言葉の意味は、ポリ=たくさん、フェノール=ベンゼン環に酸素と水素が結びついたもの、ということになります。もう少し説明すると、酸素と水素が結びついたものを水素基(‐OH)と呼びます。ですから、ポリフェノールとは複数の水素基をもつものということです。このポリフェノールの特徴の一つに、「におい」の原因物質を分子の単位で包み込んで閉じ込めるという働きがあります。

 

●抗酸化作用に優れたポリフェノール
皮膚や毛穴の皮脂が酸化するとノネナールが生じます。これが加齢臭の元になっているのです。そして皮脂の酸化はあっという間に周りに広がっていきます。ポリフェノールには急速に広がろうとする酸化を抑える力があります。ポリフェノールが豊富に含まれるものといえば、赤ワインや珈琲、ぶどう、りんごなどがすぐにうかびますよね。
ところで、フランス人は美食で知られています。バターやクリームをたっぷり使った料理を好んで食べています。それなのに心臓病になる人が少ないそうです。それは、フランス人の大好きな赤ワインのおかげだとも言われています。

 

 

●さまざまなポリフェノール
一口にポリフェノールといいますが、その種類はさまざまです。

 

ポリフェノールにはたくさんの種類があります。代表的なものに、フラボノイド、イソフラボン、クルクミンなどがあります。
フラボノイドは植物の葉に、イソフラボンは大豆の胚芽に、カテキンは緑茶に多く含まれます。カキタンニンはタンニンの仲間で柿渋から抽出されます。加齢臭に効果のあるシャンプーや石鹸に配合されています。また、クルクミンには強力な殺菌効果もあります。
ポリフェノールはリング状の分子構造をしているので、「におい」の分子を捕まえやすいのです。そして、ポリフェノールにはさまざまな種類があるので、大きさの異なる色んな「におい」の分子を捕まえられるのです。

 

更新履歴